80-50

80-50この言葉が久しく聞こえなくなってきたように思います。

いずれこうなることは明々白々箔でしたが、いざなってくると本当だなと身に染みてきます。

初めてこの問題にかかわった時には、うそ この言葉が出てきました、しかし今はとゆうとそのとうりになってきました。相談に来られる人がこのお歳になります。親御さんが介護の世界に入られて、始めてこんな子がいることが解る ええ いたのこんな人が、そうほっていたのです。

どうにかなるその内に….でもどうにもならなかったのです。

今関わっている若者がその例です。 ケアーマネージャさんがお家に行くときは、どこかにかわす

誰も自分を気にしない所(今回は大手のスパー)誰か来るとわかれば隠れている、こんな生活を数十年今回はケアーマネージャさんからのご相談でした。

直接本人にお会いし話す事が出来たので、行動も早くできました。

まだまだ時間がかかると思いますが、毎日毎日、私達の畑に来る事が出来居場所が出来ました。

また人とお話をする事が出来て、コミニケーションを想い出しながらの会話、

ななかなか挨拶が出来るところまではいきませんが、焦らづにこれからです。

今不登校の生徒も来ています。皆お話を聞くと、素直な若者達ばかりです、大人の接し方にも問題があるのかと思います。

まず話を聞いてやることが大事です。飢えています大人との時間が大事にしてやらなくては…

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です