ひまわりサロン 姫路網干

メインメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録
ひまわり網干
〒671-1253
姫路市網干区垣内中町31
(山陽電車網干駅徒歩1分)
電話・FAX 079-278-0591
携帯電話用QRコード
おすすめリンク
マイ・プレニード

通信販売
ひまわりサロンで作った
グッズも好評販売中

ひまわり日記 - 最新エントリー

平成29年第4回姫路マルシェに若者が参加してくれました。
いつも二人だけで販売していたのが嘘のようでした。
サロンでの袋ずめから積み込み、
姫路の地下道での運搬と皆で分けて運ぶことができました。
販売開始前から、お客さんが前に並び若者たちは戸惑っています。
レイアウトも考えています。
やはり参加しようとの意気込みのあるものは違います。
姫路市の行政の人たちは皆感心しておられました。

まだまだぎこちないですがこれはなれでしょう....
今日のマルシェは、ひまわりサロン網干さんが、
一人勝ちですねと言われました。

なるほど....
自分たちがたねをまき、水やりと世話をした作物が、
皆さんが買って行っていかれるのを、接客しています。
大きなキャベツ・たくさんの里芋・一ぽんネギその他いろいろです
今日ここに参加している若者、ここには来れないけれども、
裏方に参加している元引きこもりの若者、
家から出ていけなかった若者が、自分の行き場所を見つけたのか、
365日畑に出てきて土とおしゃべりをしています。
さすがにお天気の悪い日はお休みしています。
袋ずめを手伝い枯れた葉を取り除き....

完売でした。品物が1時間も持ちません
3時から初めて4時にはもうありません、
若者たちにももういいよと言って帰ってもらいました。
今日は大きな成果でした。.
パンジーの花の芽が出てきました。
今年初めてお花の種を、植えました。
畝にバラマキをしてきましたが本格的に、一粒ずつは初めてです。
平成29年都市農業機能発揮モデル事業の助成金が当たり、それを使わせていただきました。
たくさんの苗を植え替えできたので、い皆と会議のすえに、いつもお世話になる地元の自治会に寄付をすることにしました。
200鉢ぐらいは渡せそうなので、もう少し大きくなると、お話に行く予定です。
高齢者のおうちに渡せたらいいのにと思います。
残りは私たちの畑の周りにおいていく予定です。
誰かが足で蹴っていくかもわかりませんが、少しでも心が癒せたらと思います。
また咲き出したらアップします。

玉ねぎの植え付け始まる

カテゴリ : 
ひまわり日記
執筆 : 
阪本光夫 2017-11-11 9:38
平成30年取りの玉ねぎの植え付けが始まりました。
早生が6,000本、奥手が5,000本の予定で植えています。
なかなか芽が上手く出てくれません。
発芽率が非常に悪く思います。
なんでも簡単ではありません、私たちは簡単に出てくれるものと思い、種まきをしますがなかなか....
やはり苗屋さんには勝てません。
でも今年は玉ねぎから、オニオンジャムが生まれました。その次がオニオンドレッシング。
地場産ビルに、置いていただけるようになります。いまパッケージを試作中です。
6次産業化の一環で野菜ジャムシリーズが生まれました。
たけのこの佃煮・野菜サブれ・ギフトも用意しています。

畑のご近所の人たちが、こんなに作ってどこかに売っているのですかとよく聴かれます。
加工にしていくのでまだまだ足りません。
しかし耕作するもの達が疲れてきます。
まだまだボランティアの人たちが少ないです。
今保育園・高齢者とコラボができてきました。
これからは地元の人達と、コラボを考えています。
つい最近パンジーのお花の種から目が出てきました。
約300鉢の用意を考えています。

農・福連携

カテゴリ : 
ひまわり日記
執筆 : 
阪本光夫 2017-9-26 6:41
前々からお願いしていた、このも問題を市議会で質問していただきました。

農・福連携これは、国が勧めている施策です。
農業と福祉が連携しながらお互いを助け合いすることで、
農業者、障害者が共に社会の1ステージで、補い合えるシステムです。
このことについて平成29年第3回姫路市議会定例会において、
公明党の白井義一議員が姫路市の考えていることについて質問されました。
以下本文 農林水産省と厚労省は共同で、農業と福祉の連携を打ち出しています。
知的や、精神の障害をお持ちの方には、就労に際して畑仕事は向いていると言われています。障害者の法定雇用率は平成30年度より民間企業で0.2%多くなり、加えて精神障害者の雇用義務化となります。
先月、新聞やテレビで取り上げられた先駆的な取り組みを行う豊明市に行ってまいりました。この取り組みは、豊明市からの誘致により、
行政連携がスタートしました。企業と障害者を農園で就労でマッチングするもので。この仕組みを提供するエスプールプラス社は、延べ600人程度の障害者を一般就労に結びつけ、さらにその定着率は95%と云う驚異的な数字を誇っています。障害者にとっては一般就労により月額10万円以上の収入と、厚生年金などの福利厚生が得られ、上場企業が120社以上参入しており、雇用率の確保と企業イメージの向上を図っています。

この農園で採れた農作物は、採用している本社に送ります。野菜や果物を本社社員に配り、社員の福利厚生を活用したり、社員食堂の食材に使用することで、
職場は離れていても同僚とゆうきずなが深まり、障害者理解の輪が広がっています。本社の社員の方からのお礼の手紙などが農園の一角に提示されていて、ここで働く障害者の方々の仕事のやりがいにつながっています。
その他遊休農地の有効活用や、一般就労者として働くことによる、納税額
の増加さらには福祉施設への給付金の減少、農園管理者として、シルバー人材を採用することによる、高齢者雇用の増加などメリットが沢山あります。
生き生きと働く障害をお持ちの方々の笑顔が忘れられません。
本市において、農業と福祉連携について、どのようにお考えかお聞かせください。

答弁者 甲良佳司健康局長
本市では、就労を希望する障害者への必要な訓練や就労の機会を提供するとともに、現に就労している障害者も含め指導、助言や職場開拓等をとうし、地域における障害者の雇用の促進及び就労の安定に努めているところでございます。
障害のある人が農業に従事する場合には、就労先や収入の確保に加えて、
身体、精神機能の低下予防、社会性の向上などの二次的な効果が見込まれますが、一方で障害の状態によっては農業経営者が求める安定した労働力となりにくい場合や収穫期などの季節的な求人が多く、通年の雇用にいたらない場合があることなど、いくつかの課題もございます。
農福連携は、地域の障害者の就労訓練や雇用の拡大のみならず、農業の担い手の確保、遊休農地のかつようや高齢者雇用の拡大などにつながり、
より一層の推進が求められていることから、効果的な方策について、
農業担当部局他、関連部局と連携して研究してまいりたいと考えております。
     

なかなか馴染めない若者...

カテゴリ : 
ひまわり日記
執筆 : 
阪本光夫 2017-8-30 14:46
就労継続支援B型事業所を開設してちょうど1年を迎えることが出来ました。
来ている若者たちと一緒に食事会を開催しました。でも...
一人欠席しました。毎日毎日作業所には休まず来ることはできるのですが、大勢と一緒に食事をすることができません。
お昼なんかは食べていますが改めてとなるとまだまだ....
ですから友達とゆうものができません、出来るだけ私たちは色々と障害を持っている若者たちですから、その辺を考えていますが....

人によっては2~3年でなんとか食事を出来るようにはなる人もいるのですがこれだけはいかんともしがたいです。
次の日には何事もなかったように、お早うございますと言って仕事に就きます。
私たちがいつまでも長生きできればいいのですがなかなかそうは行きません
親御さんももう高齢になられてきました。
もう親亡き後が心配になってきました。

開設1年になりました

カテゴリ : 
ひまわり日記
執筆 : 
阪本光夫 2017-8-15 9:01
早いもので、就労継続支援B型事業所を開設してはや1年になりました。
来ている若者もそのまま来ています。
毎日暑い暑い日が続いて心配していますが、誰ひとりらくごもせず頑張ってきています。
同じ夢を持ってくれたらと思うのですがなかなか、同じと云う訳にはいきません。
今は設備投資にかかっているので、大変です。
いまプレハブの冷蔵庫を段取りしています。
いろいろな野菜を入れておくところが全然畑の方で足りません。
畑では線虫虫なるものが出て目下奮戦中です。
これから冬野菜の畝を作ります。
あす園芸センターにキャベツ・ブロッコリーの苗を取りに行きます。
早いですね、色々な人がボランティアにと言っていただいているのですがなかなか、マッチングしません。
電話では今も、ひきこもりのご相談を受けていますが、10年前から何も進歩がないようなご相談が多いです。
来ている若者に少しでも、なにか私の経験を残してやりたいと考えています。
今年中にネットに商品を載せられると思います。
タイトルができました....書写からの恵み!
佃煮・ジャム・さぶれ
皆で頑張ります。

兵庫県都市農業モデル事業

カテゴリ : 
ひまわり日記
執筆 : 
阪本光夫 2017-6-19 8:10
兵庫県都市農業モデル事業に初めて応募しました。
2017年から始まった都市農業モデル助成が出ました。
なんのことかわからずに色々とたぜねていると、ひまわりサロン網干がやっているのがぴたっとはまっているとのことでした。
保育園との連携・高齢者との連携・地域との連携そんな条件にはまりました。
神戸の方ではかなり申し込みがあったと聞きました。

中播磨農林水産課の人にはお世話になります。
色々とご指導をお願いしています。
まだこれから姫路道路化に訪ねて、お花を置かしていただく交渉が始まります。
姫路に起こしの人へのおもてなしを考えています。
一度チャレンジしたのですが、私たちだけではなかなか資金がありませんでした。
これから準備にかかります。

済みました第1回のお届け...

カテゴリ : 
ひまわり日記
執筆 : 
阪本光夫 2017-6-6 8:11
平成29年度のひまわり畑の会員さんのおうちにお届けする仕事が済みました。
5日間かかりました。
初めての参加していただいたおうちに届けるのが大変でした。
でもこれからはスムーズに行くと思います。
今度の配達がいつになり何をお届け出来るか..?
大変楽しみです。
まだまだ作物が出来ていますが、なかなか思うように育ちません。
今年度のじゃがいもが、大変小粒なので心配しています。
いつもと同じようにしたつもりだったのですが.....
これからの収穫に期待しています。
すぐに保育園の園児たちが来るので、その用意も大変です。
それから入り口のキューイガ初めて実が付いたようです
キューイのトンネルにしたいと、若者が一生懸命にしてこれで3年目入ります。
少しずつですが、計画どうりに進んでいます。
皆さん前を通ることがあれば見てください。
毎日毎日会員さんに野菜のお届けをしています。
大変忙しくなっています。
第1回目のお届け時期になり、走っています。
近くばかりなら直ぐに、配達が終わるのですがなかなか遠くの会員さんがおられます。
本当にありがたいことです。
利用者に波が有り、なかなか任すことが出来ません。
私がすべての兼務をこなさなければならず......
近頃では不義理もああると思いますが、こらえていただいています。
サロンのドアが壊れました、入れ物がありません、材料がありません
毎日がこれです
ひまわり畑を耕作して初めて、市会議員が視察にこられました。
当日若者たちと色々とお話をされました。
公明党に所属されています、白井義一氏です
市議会でも質問されこの度は、ひまわり畑にもこられました
今福祉と農業について連携する いわゆる農福連携が叫ばれています。
しかし残念なことに、今少し積極性が姫路市ではありません。
そんな折に大変気にかけておられるのが、白井議員です。障害を持っている人たちに農業をと叫んでいるのですが、.....
障害者の就労に部屋の内職だけではなく屋外の作業も視野に入れようと思います
少しでも関心を示していただければ幸いです!!!