ひまわりサロン 姫路網干

メインメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録
ひまわり網干
〒671-1253
姫路市網干区垣内中町31
(山陽電車網干駅徒歩1分)
電話・FAX 079-278-0591
携帯電話用QRコード
おすすめリンク
マイ・プレニード

通信販売
ひまわりサロンで作った
グッズも好評販売中

ひまわり日記 - 最新エントリー

ついこの前までコロナコロナのお話で、毎日大変でした。
もう終わるかなと思いきややはりまだ終息していません。
今日も全国で600人を超えましたと放送がありました。
私たちの兵庫県でも22人はコロナに掛かりお一人が亡くなられたとの放送です。
そんな関係で、イベントが全て0に等しくありません。
販売場所がなくなりました、でも毎日作物はまってくれずに成長を続けています。
2020年度の保育園児の農業体験が22日ありました
園児が30人5月のいちご狩りは、半分の15人で行いました。
今回は兵庫県子供若者応援団から、お菓子・ジュースの提供が有り園児たちは非常に喜んでくれました。
肝心のさつまいもはシルクスイーツと言って一番甘いとされている種類を用意しました。

当日は中播磨授産施設のスイーツ大会があり私はそちらに参加しました。
結果は残念ながら番外になりました。
ここで苦言があります、スイーツ大会が始まって7年目になります。
審査委員の人たちが、今年は8人の人たちで構成され、そのうちの6人が男性で、2人が女性です、お菓子を買うのに男性が果たして買いに行きますか?
食べるのも女性が多いと思います。なぜ男性が多いのでしょうか?
昨年もその前もそうです。私から言えばこんな大会をしていますよ、
ポーズだけです。まして姫路には専門学校があります、服飾にしても然りここに講師の依頼をして本職の意見が聞きたいと思いますが....
こんな当たり前のことがどうして実行できないのでしょうか。
授産施設の商品を舐めているとしか思えません!

神戸の大会では、専門学校の講師が参加して、最後の言葉が、ここで批評はしますが、販売ルートの線は行政がもっと積極的にすべきですと、講師の先生が述べられていました、全くそのとうりだと思います。こんな言葉が飛び出したら、神戸の大会はなくなりました。
まだまだ兵庫県は障害者に対してのポーズだと思えます。
少し言いすぎたでしょうか。皆どこの授産施設も、指導員は一生懸命です。
来年からは少しでも良くなるようにと思い書きました。

むちゃくちゃな夏!

カテゴリ : 
ひまわり日記
執筆 : 
阪本光夫 2020-9-21 16:35
2020年の夏もようやく終わりに来たような気がします。
毎年のように叫ばれる夏の外気温度...
今年も異常に熱く、外の畑の仕事が辛くなってきました。
でも若者たちは愚痴をこぼさづに今日も暑いなあ......
これでしまいです。
よほどのことがない限りお休みをしません。
今日は最高温度が38度になります
今日は最高温度が39度になります。
お天気おじさんは数字をゆうだけ、私たちは太陽の下で土をいじっています
汗が.....体からにじみ出るとはこんなことでしょうか?
お茶と・塩分補給用のアメはしっかりとあるのですが、30分ごとの休憩になります。
就労時間が7月から9月までが朝7時30分から始まります
畑に到着が8時30分くらいです。
でももう暑くて暑くて....こんなに高い温度ではなかったように思いますが事実は事実です。
この度畑組全員に空調服を新調しました。
値段が高いようですが皆、喜んでくれているみたいです。
服の中に空気を入れて常に風風船の中にいるような気持ちです
すごく気持ちがいいです。それぞれ体格が違うので、合わせるのに日にちがかかりました。
業者の人に大変無理をお願いしました。
来年も着ていきます。
もうすぐに夏野菜が終わりそうです。
今年もそこそこ収穫は出来ましたが、雨が少なく水をやってもやっても直ぐに乾いてしまい、こまりました。
そんな中冬野菜を植え付けました。
ブロッコリー・キャベツ・白菜....
第2回目の会員様用の配達も無事終わりました
まだ今年は台風が来ていないので助かっています。
そんなせいで野菜がすごく高値です、私たちのところでは普段とあまり変わらない値段で販売しています。
お客様から喜びの言葉を頂いています、姫路地場産ビル前の販売が好調です。
リピ-ターが出来てきたようです。待ってくれています。

菊芋パウダーの力

カテゴリ : 
ひまわり日記
執筆 : 
阪本光夫 2020-6-26 17:49
ここのところ毎日のように、菊芋パウダーを買い求めに来られるお客さんが増えてきました。
はじめは1袋だけ試しにと言って買って帰られて、数日後には5袋~10袋と買われていかれるようになりました。
非常にありがたいです。
畑の近くの人がどなたにお聞きになったのかわかりませんが、10袋いっぺんにご注文を受けました。
よくよくお話を伺うと、前から少し買ったことがおありだそうです。
でも少し高いので、ちゅうちょしていたら私たちの値段をお聞きになって、
本腰を入れて食べることにしたとのことです。
約1ヶ月半毎日口に少しづつですがご飯に入れたり、コーヒーに入れたりとか常に食べているそうです。
AIGが8.3だったのが7になりましたと報告にみえられました。
そうゆう私も飲んでいます、7.3がいまでは6でした。
これだけが良いのではないと思いますが、大変喜んでいただき、今では間引きしている苗も茎から・葉まで持ってお帰りになります。
葉は天ぷらにして、茎は佃煮にしているとのことです。
神戸の方のお客さんは1度に30袋のご注文を頂いています。
無味・無臭で何にも合うと言われて買われます、
ありがとうございます。
皆で一生懸命作りたいと思います
今すべてのイベントがなしになりました。
私たちの就労継続B型では何らかの障害を持つ人たちが、社会において失敗をして訓練をしながら、再出発していただく事を目標に、日々頑張っています。
ある作業所では、他の事業所からの下請けをするとか、または会社からの孫請けをするそんなことをしながらの就労賃を捻出するなどして頑張っています。
国からは就労賃が出ません、(当然です) 自分たちで稼いでくださいです。
最低賃金はこれだけ出してやってくださいとゆう規定があります。

ひまわりサロンでは、どこからも子請うけ孫請けをせず自主商品を作り販売しながら頑張っていますが、すべてのイベントがなくなることは販売先が、全てなくなるとゆう意味です。
旅館業・飲食業・あらゆる産業が今回自粛で倒産がどんどん出ています。
テイクアウト出来る業種はする、出前のできる業種と皆考えながら、頑張っています。
私達も出来ることからやろうと、看板を作りました
今いちごの最盛期です、本当は保育園児のために、1年越しに用意したものですが、いちご狩りが中止になりました。
でもいちごはまってくれません。
毎日カゴいっぱいに収穫出来ます。
ひまわりサロンの前で販売しています。出来た看板が素晴らしいので、たくさんの人が立ち寄ってくれて、買っていただいています。
こんな所にあったんですねといって来ていただけています。
機関紙も、印刷する所が閉鎖されてしまい困っています。
部数も公民館・市民センター・と他のおいていただいているところも閉鎖ですから1割だけの印刷になりました。
利用している若者にも,呼吸器系の病気を持つ人が数人、持病持ちが数人とやまいがあります。
その為のワークシェアリングでしのいでいます、
写真は山陽電車網干駅前なのですが、乗降客も1台で1人~5人までです。
ですから駅前でもガラガラです。
タクシーも動いていません、ひまわりサロンのレンタル自転車も借りてがありません。

毎日毎日コロなコロナの報道.

カテゴリ : 
ひまわり日記
執筆 : 
阪本光夫 2020-4-22 8:25
毎日毎日コロナコロナの報道です。
私たちもコロナに振り回されています。そんな中会議で看板を作り直そうと云うお話が出てきました。一人の若者が絵が上手なので、野菜の絵をを書いてもらいました。上手に書けています、それを中心に色々と手を加えて、作りました。
ひとつは山陽電車前、ひとつはサロンの前に、なんだかおいてからお客さんが増えた感じがしています。
こんな所にこんな野菜を置いているのを知らなかったとか、ある人は人に聞いてきましたとか、おかげで作った甲斐がありました。
モノが売るところがなくなり困っていたところに、お客さんが増えてきたのがなによりです。
こんなことで畑に持っていく野菜がありません。
昨日も、夏野菜(トマト・茄子・きゅうり・メロン・他)を180本の植え付けを行いました。
そのあとにはかぼちゃを25本、ホウレン草の種まきと立て続けに、....
できだすと...考えていては植え付けができません、売り先がないのに、
これからどうなるのでしょうか?

ここのところ若者たちに現物支給が多くなってきました。
これからスイカ・メロンと続きます、
ブルーベリーのお花が、たくさん咲いています、どれだけ収穫できるのでしょうか?出来たもので、ジャムを作りました市販するとリピーターの人がサロンにまで来てくれましたが、来年の収穫までありませんと言いました。
非常に残念がっておられました。
今年の保育園児のいちご狩り・ジャガイモ掘り色々と用意をしてきましたが、
どうなるのでしょうか?
若者がまた一人畑に増えました。
ボランティアの人がありません、私一人で少し疲れてきたかな?....
役員会では、少し全部をしすぎではとのお話が出てきました。

サロンでの肉まん制作

カテゴリ : 
ひまわり日記
執筆 : 
阪本光夫 2020-4-5 9:24
近頃さっぱりと販売ができません。
そこで皆で出来てくる野菜をいっぱいお腹に入れようとのことで、いつもはコンビニとか、スーパーで買う餃子・肉まんをお腹いっぱいに食べたいとの要望に応えて、自分たちで作ることにしました。
朝から用意と段取りでわいわいがやがやと、忙しくしています。
なかなかはじめは容量がわかずに、むちゃくちゃなものが出来ていましたが、徐々にそれらしいものが出来てきました。
食事にしようと云うことになりましたがなかなか蒸し器がひとつで、一度にできません、そこで私が食べずに出来てくる、品物を皆に渡していくのですが、はじめはスピードが早かったのですが、だんだんお腹が大きくなりお腹いっぱいやと一人が言い出して、終わりましたが、最高は肉まんが一人8個食べていました、
餃子のほうは100個
大丈夫かなと思いましたが、これで当分食べたいと言わないと思っていたら、
今度はいつ作ろうかな?????
参りました。
美味しかったのでしょう..
今の人たちは、出来ている商品をすぐに買ってそれを食べようとします。
でも我々は、作る過程にコミニケーションがあると考えています。
わいわいがやがやこれが目的ですがなかなか理解してくれません。
でもまあ喜んでくれたらよしかな!!!
今大変なことになってきました
新型コロナウイルスで、私たちの事業所まで影響が出てきました。
毎日畑と事業所での商品作りの、作業は順調なのですが、出来た作物と商品がはけなくなりました。販売している先が、19日まで閉鎖、先ほど連絡で26日まで延長ですとの連絡
各イベントも次々と中止、販売がピタッと止まってしまいました。
畑の作物に大きくなるのを待って、といいたいのですが、?????
いつまで続くのかわからないのが....

昨日私たちの近所で、陽性反応者が出ました。
人の動きがありません。うちのサービス管理責任者の人も電車通勤から、車通勤に変えました。
電車の乗客もまばらです
事業所の方も開始時間を1時間遅らせて、混む時間帯をずらす方法でやりくりしています。
行政からは、マスク消毒液他すぐに在庫の確認をして報告してくださいとメールが届きました。
これから畑の会員さんに、第4回目の配達を開始して、この場をしのごうと考えています。
会員さんにはかってしますが、沢山の品物を持っ行きます。
今予定しているのは、ポン酢・サブレ全商品・菊芋パウダー・わけぎ・万能ねぎ
ジャムこんなところを考えています
若者達には、出来てくる野菜を家に持って帰る現物支給等々。

他の事業所はどうしているでしょうか。
商売人はどうしているのでしょうか?
知り合いの魚屋さんは毎日、手をこまねいている、このままではつぶれてしまうと嘆いていました。
もうすぐお花見の時期です、少しづつ用意をしています。
買い物に行くと、皆さんかごに一杯商品を入れて、レジに並んでいます。
あんなに買ってどこかに行くのかなと想像してみていました。そうすると子供たちが家にいるので、普段よりたくさんの買い物になるといっています。
なるほど...でも夫人が仕事に行けないといっています。
日経平均が17,000円割れすんぜん、NYダウ終値2997ドル安2万ドル割れ寸前
株で生活している人も、いる事でしょう。(うちの若者もネットリーダー)がいます
経済がガタガタになってきました。
誰かが言っていました、これは戦争だ、誰かが仕掛けたのだ...

訃報のお知らせ

カテゴリ : 
ひまわり日記
執筆 : 
阪本光夫 2019-12-21 9:14
私ごとですが、自分の母が亡くなりました。
大往生でした。歳は100歳になりました。
色々と相談に乗ってもらうことが多くありましたが、大病を患い、体に後遺症が残り自由にできない体になりました。
でも私にとっては大事な母であり良き相談相手でした。
ここ2年前までは同居していて毎日一緒に散歩をしていましたが、自宅で転倒してしまい、寝たきりになりました。仕方なく施設のお世話になりましたが、皆さんに大変良くしていただき、感謝しております。
私の子供たちもよく施設に見に行ってくれて、声かけしてくれて...
目も見えず、耳も聞こえづ辛い毎日だったと思います。
手を取り顔おおなでてもらうことぐらいですが、よくわかるようでした。
苦労の連続でした母...
家内にも苦労をかけましたが、何一つ文句をいわづに介護をしてくれて本当に感謝しています。
この母がいて初めて、福祉の世界にいられました。
自分達がしてくれたことのお返しをどうするか...
困ったときに誰に相談するのか、色々とアドバイスをしてもらいました。
本当にありがとう....

いちじく園の仮設

カテゴリ : 
ひまわり日記
執筆 : 
阪本光夫 2019-10-14 8:47
いちじく園の仮設が出来つつあります。
長いあいだの念願であった、イチジク園の虫除け仮設がもうすぐに出来上がります。兵庫県の都市農業の助成を頂き、皆で工事にかかりここまで出来ました。
カミキリムシに食われて、蜂に食われて、あげくに鳥に食べられてまともに収穫ができません。
いまいちじくジャムが好評です。
乾燥機があれば、ドライいちじくでもっと色々と、商品ができます。
若者たちも暑い時も寒い時も文句言わずに一生懸命、やっています。
なんとか就労チンをもっと出してやりたいとの思いでやっています。
果樹園の方も姫路市の園芸課さんから、苗を買い、植え付けをして頑張っています。先日もブルーベリーを植え付けました。
まだまだ何年もかかると思います。
今頑張っている若者たちに頑張ってもらいやっていきます。
少しづつですが、認めていただきこの度神戸生協さんから、耕運機をいただきました。
これで少しは機械化ができます。

来ている若者の中に、虫取りが殺生と言って、捕殺しない若者がいます。
言っている意味もわかるので、薬をかけないやり方でいますが、キャベツ・白菜が穴だらけにされます、やはり防虫ネットを張ることにしました、。
少し遅きになります。
少し前になりますが一人の若者が取った虫を殺すのがかわいそうと言って、となりに逃がしていましたが、作る作物が全滅してしまいそれからは、取って捨てるようになりました。
今度の若者はどうするのでしょうか?
でも皆優しいです。
でも片意地です、なかなか素直にうんと言ってくれません。
ここがいいのかな?
でもだんだん作る商品が認めて頂くようになってきました。
すぐに今年のコンクールが始まります、頑張ろうと皆で会議を重ねています
今年の出し物は、健康サブレ いちじく葉・黒豆菊芋この2点で行きます
6月16日・6月25日それぞれ2019年度のジャガイモの収穫祭を行いました。
6月16日は、ひまわりサロンと高齢者・地元の人とのコラボが、出来ました。
お昼には非常食として、ハヤシライスを作りみなさんに食事を提供することができました。
前日からの煮込みを続けたので皆美味しい美味しいと2杯ずつ多い人は3杯を食べての人がいました。こちらが心配するほどでした。
サラダは畑のさらだな、きゅうり、20日大根といろいろを作り
食べることが出きました
でも天気も良く、高齢者の人にお歳を聞くと95歳の人がおいででした。
食べるから元気とゆうのを実感しました。私は忙しくして1杯だけでした。
でも来年もしてくださいとリクエストを頂きました。
 
6月25日はいつもお世話になっている保育園児たちの農業体験、
ジャガイモ掘りです。
いちご狩りと同じメンバーとゆうことで、私の名前を覚えてくれていて、阪本さんの連発です。子供たちは,皆手にスコップを持ち、わいわいがやがやとほじくりまわしこんな大きなオイモガ出てきたと大喜びです。
今回は中播磨の子供若者応援で、姫路ヤクルトさんから園児たちにヤクルトの提供をいただきました。  感謝 感謝
両日ともにお天気が最高で暑いくらいです。おかしな天気さん
前日から若者たちとジャガイモ掘りのために、マルチハズし、ジャガイモの葉おとしと大変準備に時間がかかります。
今年のじゃがいもは小ぶりのようです。
雨が少ないのでそれと並行で、きゅうり・ピーマン・ししとうと水遣りが待っています。
これからが夏本番になります、でも若者たちは休みません、私も負けていられません若者に引きずられて自分の年も忘れています